HOME美容皮膚科女医のひとりごと > 気づけるか、で、差がつく

美容皮膚科女医のひとりごと

2013.05.20
気づけるか、で、差がつく

~気づけるかで、差がつく~

うちの母は、何でもできる人なのに、大したことないと思い込んでいる、目立つのに心は控えめな人です。
料理が本当に上手です。うちの息子は母の料理を食べながら母を「シェフ」と呼んでいます。
時々おいしいお店に連れていくのですが、真剣に食べます。
食べながらどうやったらこの味になるのか考えて、給仕して下さる方に尋ねます。
「なぜこの小口ネギは大量なのに辛みがないの?」
「どうやったらこんなにネギを細く切れるの?」
などと質問し、かならずそこの料理とか技術を持ち帰り、後日再現するんです。食べさせがいのある人です。リターンが望める^^
つまり母に高級店で食べさせるのは高リターンの投資です。

先日はホテルキャッスルのフレンチに連れて行きました。
ふだん好きでもない子羊肉なのに、メニューにある「子羊肉の塩釜ハーブ焼」を食べてみたくなったらしく、
「カヨチャンの牛肉と、半分こしようよ」というので、(子羊はクサイからキライだけど)頼んでみました。
目の前で塩釜を切ってサーブしてくれるのをマジマジとみて、
「なんで塩釜なのに、ナイフでスルスルと切れるの?」
と質問し、「パイ生地を使っております」との答えに、深くうなずき、納得しておりました。「そうよね、鯛の塩釜焼は自分は卵白使うけど、硬くて、食べる時にちょっと困るのよ。」
切った子羊肉は、素晴らしい焼き具合で、ピンク色で、肉汁も美しく、ハーブの香りが、・・・まではよかったけど、
「素晴らしい出来具合!ハーブの匂いも、ほのかにしていい感じ!
・・・でも・・やっぱり子羊はクサイ・・」
うんうん、頼んでみたかったんだよね。
らしくて笑える。

でも、同じものを食べてても、わたしが同じ所に着目するわけではなく、質問するわけでもなく、たぶんそのメニューはオーダーもしないから、ずっと知らないままでいくわけです。
一方好きなものでもないけれどオーダーし、実物を確認し、質問し、納得した母は、また一段料理の道の階段を上に上がります。
気づくことはカンタンにみえるかもしれないけれど、「気づく」ためには、興味の対象を持っておくこと、ピンときたらアンテナを立てること、入ってきた情報を考えること、が必要ですよね。
やっぱり、意識して、毎日を大事に生きていくことか~!

カテゴリー: 

コメントは受け付けていません。

ご来院の際には、予めお電話か予約フォームにてご予約をお願いいたします。

かよこ・クリニック 美容皮膚科・皮膚科
〒 860-0845 熊本県熊本市上通町1-17 ソネットビル2F
096-324-2415 さーびよーびよーいこー 完全予約制
  • 月~金 9 : 00 ~ 18 : 00
  • 火曜日 13 : 00 ~ 21 : 00
  • 土曜日 9 : 00 ~ 19 : 00
  • 休診日 水曜日・祝日・日曜

※診察は中村医師または女性担当医で行います

クレジット

熊本市電「通町筋駅」下車、徒歩1分

2019年10月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
2019年11月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
2019年12月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
  • は休診日です。
無料カウンセリング予約
治療予約
お問い合わせ
お悩み別で探す
- - - - - - - - - - - - -
sideMenu1Foot
美容皮膚科女医のひとりごと バナー
メールマガジン登録/メルマガ会員限定イベントにご招待 送信の際には、件名に「メルマガ希望」本文に「お名前とご年齢」を、ご入力下さい。
なかむらファミリークリニック バナー
中村内視鏡センター バナー
プライバシーポリシー
PAGE TOP